トップ猫の迎え方猫を選ぶときの注意

猫を選ぶときの注意

 子猫を選ぶときのチェックポイントと注意点です。子猫が健康かどうか、そして自分自身のライフスタイルと子猫の特徴があっているかどうかを事前にしっかり確認しましょう。

子猫の事前チェック

 1歳未満の子猫を入手する方法には、大きく分けて「里親になる」と「購入する」とがあります。「里親になる」方の具体例には、「保護団体から引き取る」、「野良猫を迎え入れる」、「知人から譲り受ける」があります。一方「購入する」方の具体例には「ペットショップから購入する」、「ブリーダーから購入する」があります。それぞれの詳細については以下のページをご参照ください。 猫の購入・入手方法  どこから子猫を入手するかにかかわらず、共通して事前にチェックしなければならない項目は以下です。

虫下し(駆虫薬)

 寄生虫にはノミやダニのように体の外側に付着する「外部寄生虫」と、回虫や条虫のように体の内側に入り込む「内部寄生虫」とがあります。子猫が保護猫や野良猫であれ、お店で売られている商品猫であれ、寄生虫の可能性は否定できません。猫の保護者やブリーダー、ショップなどに子猫の虫下し(駆虫薬投与)が終わっているかどうかを確認する必要があります。なお野良猫の場合は自分自身が動物病院に連れていき、駆虫薬を処方・投与してもらう必要があります。 猫の寄生虫症

ワクチン接種

 子猫の敵は寄生虫だけではありません。もっと小さい細菌やウイルスといった病原体とも生涯を通して戦っていく必要があります。母猫から「おすそ分け」としてもらう移行免疫は生後16週までに切れますので、それまでに何とかして病原体に対する免疫力を高めておかなければなりません。猫の保護者やブリーダー、ショップなどにワクチン接種が終わっているかどうかを確認する必要があります。なお野良猫の場合は自分自身が動物病院に連れていき、健康診断とともにワクチン接種をしてもらう必要があります。 猫のワクチン接種

子猫のタイプ

 子猫のタイプと飼い主のライフスタイルが合っているかどうかは重要なポイントです。以下では代表的な子猫のタイプと大まかな特徴を解説します。

オス猫かメス猫か

猫を飼うときのポイント~オス猫かメス猫か  オス猫は縄張り意識が強く、テリトリーに侵入するものに対して攻撃的になることもあります。一般的に、メスよりも若干体が大きくてやんちゃですが、去勢手術によってそうした性格は影を潜めることが多いです。
 メス猫はオス猫に比べると縄張り意識が弱く、テリトリー意識はあるものの、極端に攻撃的になることはありません。繁殖期になると赤ん坊のような泣き声をあげることがあります。オスよりも若干体が小さく、おとなしい性格のものが多いのが特徴です。繁殖期に特有の行動は、避妊手術によって軽減することが多いです。 猫の去勢と避妊手術

長毛か短毛か

猫を飼うときのポイント~長毛か短毛か  長毛種の場合、基本的に猫は自分で毛づくろいはするものの、毛玉は出来やすいのでまめなブラッシングが必要となります。換毛期(かんもうき=毛の生え変わる時期)になると部屋中が毛だらけになり、また猫が毛を飲み込んでしまうのでより一層のケアが求められます。
 短毛種の場合は毛玉が出来にくく、猫が自分で行う毛づくろいと飼い主による簡単なブラッシングで手入れは充分でしょう。長毛に比べるとやや寒さに弱いので、冬場の温度調整には気を使いましょう。 猫のブラッシングの仕方

外飼いか室内飼いか

猫を飼うときのポイント~外飼いか室内飼いか  猫を屋外で飼う理由は家庭によって色々でしょう。しかし猫を自由に外に出すということは、病気、事故、他の猫とのケンカ、心無い人による虐待や誘拐など、様々な危険にさらすということとイコールです。放し飼いが招く猫の死 屋内猫の場合は外に存在する様々な危険から隔離されていますので、屋外猫より2年ほど平均寿命が伸びます。しかし単調な生活がストレスになる可能性もありますので、飼い主が時間と労力をかけて猫のストレス緩和に務めなければなりません。また賃貸住宅の契約違反や近隣住人との騒音・悪臭トラブルがよくありますので要注意です。猫の幸福とストレス

1頭飼いか多頭飼いか

猫を飼うときのポイント~1頭飼いか多頭飼いか  1頭だけだと 遊び相手がいなくて猫がさびしがるかもしれません。また、犬のように大声で泣き喚くということは少ないかもしれませんが、飼い主とべったりの関係になり、分離不安(飼い主がいなくなると不安を抱く)に陥る可能性も考えられます。猫の分離不安  一方、1頭だとさびしいだろうという理由から、2頭同時に迎える人もいるでしょう。しかし猫は神経質な面があり、そりの合わない2頭を同じ空間に住まわせてしまうと、お互いにとって相当なストレスになる危険性もはらんでいます。猫の多頭飼いは、犬よりも一層慎重な引き合わせが必要です。猫を飼う室内環境

純血種か雑種か

猫を飼うときのポイント~純血種か雑種か  純血種であれば 成長時の体の大きさや遺伝的疾患、またある程度であれば気質や性格も予想できます。しかし見た目を重視した交配の結果、遺伝的疾患の出やすい猫種もあるという点がデメリットです。金儲けのために人気猫種を次々に繁殖させているような悪質なブリーダーもいますので、飼い主の側の知識と見る目が問われます。純血種の猫に多い病気 一方雑種猫は両親猫がわかっていないのでその子の性格や成猫時の大きさなどの予測がつきにくいという難点があります。しかし純血種に比べると遺伝性の疾患にかかる率が比較的少ないという点がメリットでしょう。 猫の種類

大型猫か小型猫か

猫を飼うときのポイント~大型猫か小型猫か  大型猫( サイベリアンメインクーンなど)は 小型猫( シンガプーラマンチカン)に比べて多くのカロリーを要求しますので、その分エサ代は高くつきます。また病院に連れて行くときなどは、キャリーに入れるのに一苦労するかもしれません。
 小型猫は大型猫ほどカロリーを必要としません。しかし体が小さくて思いもよらない場所に隠れていることもしばしばです。間違って「猫踏んじゃった」とならないよう常に足元への注意が必要となるでしょう。 猫の種類
猫を選ぶときの注意トップへ

子猫の健康チェック

 子猫が寄生虫や病原体によって弱っていないかどうかをチェックするときの一般的なポイントです。あくまでもシンプル版ですので、詳しくはリンク先のページをご参照ください。 子猫が健康かどうかを見抜く際のチェックポイント
  • 不健康な子猫では目やにや涙やけが見られる黒目は適度にきらきらしており、白目には充血がないこと。目ヤニがなく、異常な涙目でないこと。目の変化や異常
  • 不健康な子猫では鼻水や鼻クソが見られる適度に湿り気があること(睡眠中は乾いていても良い)。鼻水が垂れておらず鼻くそもついていない。鼻の変化や異常
  • 不健康な子猫では耳の中に黒っぽい分泌物が溜まっている中がきれいで変なにおいがせず、音に敏感に反応する。黒っぽい分泌物がない。耳の変化や異常
  • 不健康な子猫では舌や歯茎に炎症が起こっている歯茎や舌が健康的なピンク色で炎症を起こしていない。口臭がない。歯並びが良く遺残乳歯がない。口の変化や異常
  • お尻不健康な子猫ではお尻の穴から寄生虫が飛び出ている肛門がきれいに締まっていてただれていない。お尻の穴から条虫の一部が出ていない。尻尾の動きが元気。お尻の変化や異常
  • 皮膚・被毛不健康な子猫では毛づやが悪くノミやダニがたかっている毛づやが良く、毛を掻き分けたとき皮膚にフケや湿疹がない。フリーダート(flea dirt)と呼ばれるノミのフンが見られない。皮膚の変化や異常 被毛の変化や異常
  • 不健康な子猫では下肢のアライメントが崩れ足元がふらつく骨格がしっかりしていてふらふらと変な歩き方をしない。きょうだい猫と元気にじゃれ合っている。足の変化や異常
猫を選ぶときの注意トップへ

子猫を繁殖者から購入するときの注意

 ペットショップやブリーダーから子猫を購入する場合、特に注意してチェックすべき点があります。これには子猫自身をチェックすることの他、子猫の繁殖に関わったブリーダーをチェックすることも含まれます。

第一種動物取扱業者の掲示

 改正動物愛護管理法(2006年6月~)の施行により、登録業者を証明する標識の掲示が義務化されました。ペットショップでもブリーダーでも、店舗内や繁殖施設のわかりやすい場所に第一種動物取扱業者「販売」の掲示をしていなければなりません。
 またウェブサイトを運営している場合、それは「広告」に該当すると考えられます。環境省のガイダンスでは業者の「氏名又は名称、事業所の名称及び所在地、動物取扱業の種別、登録番号並びに登録年月日及び登録の有効期間の末日並びに動物取扱責任者の氏名を掲載すること」と規定されています(→出典)。よってサイト内のどこかに第一種動物取扱業者「販売」の詳細が記載されていなければなりません。

子猫の飼育・繁殖環境

 ペットショップの場合、ブリーダーの所在地と名前しか情報をくれないことがあります。しかし、猫を買う前にぜひブリーダーの繁殖施設を見学し、飼育環境を確認してください。ケージの中に複数の繁殖猫を入れておざなりに管理している場合、猫の福祉を無視した「繁殖屋」(キトゥン・ファクトリー)である可能性が大です。また室内はしっかり清掃されているか、換気は十分か、糞尿の臭いが充満していないかも合わせて確認します。
 動物愛護法により第一種動物取扱業者には「犬猫等健康安全計画」の策定が義務付けられています(→出典)。しかし行政が繁殖業者の施設を抜き打ちでチェックするというシステムはありません。結果として、書類上は登録を受けているにも関わらず、実際は全くルールが守られていないということも大いにありえます。

母猫の扱い方

 母猫に対する扱い方を確認します。目やにがあったり鼻水がたれている場合、何らかの感染症にかかっているかもしれません。そして感染症は身近に接してグルーミングしている子猫にも移っているはずです。被毛が粗雑な場合、ブリーダーがしっかりとブラッシングをかけていないのかもしれません。「多忙」を理由に猫の健康管理を疎(おろそ)かにしているようなら、それは動物福祉よりもお金が優先だということです。 引き取り屋の狭いケージ内にすし詰めにされた犬たちの哀れな姿  年老いて繁殖が難しくなったメス猫はどう扱われているのでしょうか?家庭内で引退生活を送っていない場合、第三者に譲渡した可能性があります。悪質なブリーダーの場合、金銭を支払って「引き取り屋」(上の写真参照)という専門業者にお払い箱にしてしまいます。こうした業者の中には、劣悪な環境下に猫を軟禁し、いちじるしく福祉を損なっているものもいます。そのブリーダーが猫好きなのかお金好きなのかは、利益を産まなくなった母猫への扱い方に如実(にょじつ)に現れるものです。

社会化期と離乳時期

 猫の性格形成にとって生後2~7週は極めて重要な社会化期です。また母猫と引き離す「離乳」の理想は早くとも14週齢と考えられています。まっとうなブリーダーやペットショップならこうした時期の重要性を理解し、あまりにも幼い子猫は販売しないはずです。 子猫と母猫を引き離すタイミングは後の問題行動に影響を及ぼす  きょうだい猫(同腹仔)とじゃれあう「社会化」の時間、および人間の手による「ハンドリング」の時間を設けているかどうかはしっかり確認するようにします。こうした時間をしっかりとらないと、健全な性格形成が進まないことがあります。 猫の性格

購入者へのインフォーム

 動物愛護法では犬や猫を販売する際、販売業者が購入者に対して「対面説明が必要な18項目」を、面と向かって直接説明することが義務付けられています。しかしこの項目は必要最小限のものであり、必ずしも理想的なものではありません。まっとうなブリーダーやペットショップなら、その品種に合わせて適切な飼育法を事細かに教えてくれるはずです。
 また猫には品種によってかかりやすい病気というものがあります。まっとうな販売業者なら海外の情報も含めてしっかりと勉強し、こうしたデメリットも含めて購入者に教えてくれます。さらに遺伝病の中には事前の検査で疾患遺伝子の有無を確認できるものもあります。まっとうな業者なら疾患遺伝子を保有している可能性のある猫を繁殖には用いません。たとえば「耳折れ」のスコティッシュフォールドは変形性関節症の発症確率が高まるから繁殖しないなどです。高く売れるからという理由で猫の健康や福祉をないがしろにするのは、シリアスブリーダーではなく「繁殖屋」のすることです。 純血種の猫に多い病気

きょうだい猫の数

 子猫を見るときはきょうだい猫(同腹仔)の数も確認するようにします。品種には平均的な同腹仔数というものがあり、この数よりも極端に少ない場合は何らかの問題がある可能性を考慮します。
 以下は、猫の代表的な品種で報告されているきょうだい猫(同腹仔)の数です。フランス国内において、45の品種に属する合計5,303頭のメス猫から生まれた、合計28,065頭の子猫のデータが元になっています(→出典)。
 表中の「平均同腹仔」とは、子猫の生死にかかわらず1回の出産で生まれた子猫の数を平均化したものです。「死産率」とは、生まれてきた子猫全数の中で、出産時すでに死亡していた子猫がどの程度いたのかを表しています。また「新生子死亡率」とは、死産を免れて生まれてきた子猫全数の中で、生後60日までにどのくらいの子猫が死亡してしまったのかを表しています。当然、数字が大きいほど「たくさんの子猫が死んだ」という意味です。 代表的な猫の品種における平均同腹仔数、死産率、新生子死亡率一覧表  長い間繁殖を行っているブリーダーの場合、多かれ少なかれ何らかの障害を抱えた子猫に出会うことでしょう。先天的疾患の中には命にかかわる重度のものもあれば、「見た目がちょっと違う」という軽度のものまで色々あります。以下は、イギリス国内において14品種に属するメス猫が行った合計1,056回の出産を元にしたデータです(→出典)。
 表中の「発生率」は1回の出産で生まれた子猫のうち、1頭でも先天的疾患を有していた場合を「1」としてカウントしています。つまり10%といった場合は「猫の出産100回のうち10回では、少なくとも1頭の子猫が先天的疾患を有して生まれてくる」という意味になります。 代表的な猫14品種の子猫における先天的疾患発生率  海外のデータであるためそっくりそのまま日本に持ち込むことはできないでしょうが、上で示したように非常に高い確率で先天的疾患を抱えた子猫が生まれることはお分かりいただけたでしょう。例えばアビシニアンの場合、国内のアビシニアンブリーダーが1000回出産を行ったとすると、そのうち100回では少なくとも1頭、何らかの先天的疾患を抱えた子猫が生まれていると推計されます。つまり最低100頭いるということです。
 さて、疾患を持って生まれた子猫たちは一体どこに行くのでしょうか?障害が原因でそのまま死亡してしまうのでしょうか?障害が重度で回復の見込みが無く、安楽死させられるのでしょうか?障害が軽度で生き残り、繁殖施設のどこかで飼われるのでしょうか?それとも第三者に譲渡されるのでしょうか?
 動物愛護法では犬や猫を販売する業者に対し「終生飼養の確保」を義務付けています(→出典)。これは販売することができない個体であってもしっかりと天寿を全うさせてあげるということです。手足の奇形、口蓋裂、心疾患、臍ヘルニア、横隔膜ヘルニア、眼瞼欠損、類皮腫、胸郭や頭の奇形、合趾症といった先天的な疾患を持って生まれてきたからといって、治療の機会すら与えずブリーダーがその猫を間引いていいなどというルールはどこにもありません。きょうだい猫の数があまりにも少ないときは、ブリーダーにその理由を聞いておきたいものですね。
猫を選ぶときの注意トップへ