トップ猫の種類マンチカン

マンチカン

 猫の品種の1つ「マンチカン」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

マンチカンの基本情報

マンチカン 写真:Sg0668commons
  • 原産
    アメリカ

  • 短毛・長毛
  • 体重
    2~4キロ
  • タイプ
    セミフォーリン
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

マンチカンの歴史・ルーツ

 マンチカンの起源は、1983年にアメリカのルイジアナ州で発見された、トラックの下にいた野良猫だと言われています。短足犬たちブルドッグに追われてトラックの下に逃げ込んだ猫を見つけたのは、当時音楽教師だったリンダという女性でした。彼女は猫を保護し、「ブラックベリー」(Blackberry)と名づけます。
 やがてブラックベリーは子猫を生みましたが、そのうちの半数は、短足でした。その短足猫の内の一匹を、友人だったケイ・ラ・フランスという女性に譲りましたが、彼女が「トゥールーズ」と名づけたオス猫、及びリンダが飼っていたメス猫の「ブラックベリー」こそが、今日のマンチカンの祖先に当たります。
 ウェルシュコーギー、バセットハウンド、ダックスフントなど、短足で有名な犬と同じく、骨軟骨異形成という遺伝的な疾患を抱えていますが、犬に良く見られる脊椎の障害があまり見られません。しかし軟骨の成長が不完全であること自体は確かなため、変形性関節症を患う危険性を危惧する人もいます(→UFAW)。
 ブリーダー主導の下、1980年代から北アメリカで繁殖が続けられた末、1995年「ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション」(TICA)から『新種』としての認定を得ました。マンチカンと言う名前は、英語で「小さい人・子供」を意味する「munchkin」(マンチキン)から。

マンチカンの特徴・性格

 マンチカンの特徴は、ダックスフントのように短いその足です。足が短い割りに意外と足が速く、ジャンプや木登りも苦にしません。ボディは筋肉質で引き締まったセミコビー。被毛はシルキーで、短毛と長毛がいます。
 マンチカンの性格は、明るく元気で甘えん坊です。茶目っ気があり、陽気で好奇心旺盛です。

マンチカンのお手入れ・注意点

 マンチカンのお手入れは、短毛なら1日1回のブラッシング、長毛なら朝晩一回ずつのブラッシングとコーミングが理想です。

マンチカンの動画

 以下でご紹介するのはマンチカンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 最大の特徴である短足には3種あり、長い順にスタンダード、スーパーショート、ラグハガーとなっています。しかし足が短いからといって運動能力が劣るわけではなく、むしろフェレットのようにすばしこく動き回ることができるとか。短足を作り出す遺伝子はダックスフンドやバセットハウンド、およびコーギーのものと同じであることが分かっていますが、マンチカン同士を交配しようとすると高確率で障害を持った子猫が生まれるので、犬のようにたやすく子孫を増やすことはできません(→骨軟骨異形成)。 ただし、犬よりも体が柔軟なため、ヘルニアを始めとする脊柱の障害は犬に比較すると少ないようです。
元動画は⇒こちら

マンチカンの病気

 以下でご紹介するのは文献などで報告されているマンチカンに発症しやすい病気のリストです。外国のデータも含まれるため日本の猫には当てはまらない場合もありますが、好発疾患の知識は飼い主にとって重要なため記載しておきます。なお病気に関する詳しい内容や元となっているデータは以下のページで解説しています。マンチカンに多い病気

小人症(軟骨形成不全)

 小人症(dwarfism)とは何らかの理由により骨格が正常に発育せず、身長や体長が小さいまま成長する病気。成長ホルモンの異常で骨が発育しないとか、生まれつきの染色体異常で軟骨が十分に発育しないなど、原因はさまざまです。根本的な治療法はありませんので、猫も飼い主も障害と付き合いながら暮らしていくことになります。 骨軟骨異形成の症状・原因・治療