トップ猫の種類ヨーロピアンショートヘアー

ヨーロピアンショートヘアー

 猫の品種の1つ「ヨーロピアンショートヘアー」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

ヨーロピアンショートヘアーの基本情報

ヨーロピアンショートヘアー 写真:Heikki Siltala
  • 原産
    ヨーロッパ

  • 短毛
  • 体重
    3.5~7キロ
  • 公認
    FIFe
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

ヨーロピアンショートヘアーの歴史・ルーツ

 ヨーロピアンショートヘアーはセルティックショートヘアー(Celtic Shorthair)とも呼ばれ、スウェーデンを起源とする品種です。ヨーロッパの村落地域に自然発生的に生息していた猫を保存する目的で品種登録され、イギリスで言うところのブリティッシュショートヘアー、アメリカで言うところのアメリカンショートヘアーに相当する種です。
 かつてはブリティッシュショートヘアーと全く同一の品種とみなされており、キャットショーでも区別されていませんでした。しかし1982年、FIFeがスカンジナビア半島にいた土着猫を「ヨーロピアンショートヘアー」として登録したことによって別品種として扱われるようになったという経緯があります。ただしイギリスの品種公認団体GCCFでは未公認のままです。なお、全く色素のかけた突然変異種は「ヨーロピアンアルビノ」(or ヨーロピアンアルバイノ,European Albino)という名で呼ばれることもありますが、公認団体はありません。

ヨーロピアンショートヘアーの特徴・性格

 ヨーロピアンショートヘアの体は大柄で筋肉質、しっぽの根元は太く、先に行くにしたがって細くなっていきます。大きめの頭は丸くあごのシワもしっかりしているものの、ブリティッシュショートヘアーほどではありません。耳は離れて直立、まん丸な目は被毛と呼応していれば何色でも構いません。ただし、左右で別色のオッドアイが認められるのは被毛が白の場合に限ります。被毛は密で短毛、やわらかくて光沢があり、ぴったりと寝ている状態が理想です。色は黒、レッド、ブルー、クリームなどほとんどが許容されています。
 ヨーロピアンショートヘアーの性格は、個体差はあるものの賢くて遊び好きです。基本的には犬や他の猫とも比較的仲良く暮らしていけますが、縄張り意識の強い固体も見受けられます。総じて、ねずみ捕りが得意です。

ヨーロピアンショートヘアーのお手入れ・注意点

 ヨーロピアンショートヘアーのお手入れは、下毛が無い短毛なので、週1回程度のブラッシングで十分でしょう。

ヨーロピアンショートヘアーの動画

 以下でご紹介するのはヨーロピアンショートヘアーの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 2000年以上前、ローマがヨーロッパを席巻するのに合わせて広まった猫の子孫という説もあります。品種固有の遺伝病が無く、極めて健康な猫です。
元動画は⇒こちら