トップ猫の種類テネシーレックス

テネシーレックス

 猫の品種の1つ「テネシーレックス」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

テネシーレックスの基本情報

テネシーレックス 写真:YouTube
  • 原産
    アメリカ

  • ミディアム
  • 公認
    -
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

テネシーレックスの歴史・ルーツ

 テネシーレックスは、レックス(巻き毛)とゴールドダスト効果(被毛がキラキラした輝く)を併せ持った品種です。 テネシーレックスのゴールドダスト効果(被毛がキラキラした輝く) 2004年、テネシー州東部の都市・チャタヌーガに暮らすフランクリン・ウィッテンバーグ氏が偶然発見した猫を基礎としています。 ある日ウィッテンバーグ氏宅の裏口玄関に、一匹の猫が住み着きました。このメス猫はチェストフリーザー(上蓋を開くタイプの冷蔵庫)の裏に自身が産み落とした子猫をかくまっていたため、氏は猫たちを家の中に迎え入れ、ペットとして飼うことにします。子猫たちの被毛が特徴的な巻き毛(レックス)と、まるで金粉を散りばめたかのようなキラキラした輝きを併せ持っていることに気づいたウィッテンバーグ氏は、新しい品種としての可能性を見出し、繁殖計画が開始されました。

テネシーレックスの特徴・性格

 テネシーレックスの特徴はレックス(巻き毛)とゴールドダスト効果(被毛がキラキラした輝く)のコンビネーションです。これら2つの特性は常に同時に発現することから、遺伝子上何らかのつながりがあると推測されています。被毛のきらめきは「サテン」(Satin, 表面がなめらかで光沢のある絹織物)とも呼ばれており、ハムスターやウサギなどのげっ歯類ではたびたび見られる特徴です。同じくサテン被毛のシリアンハムスターと同様、毛幹(毛の根元部分)がまるでカットしたダイヤモンドのように不均一なため、この不規則な表面が光をランダムに反射することで輝きを生んでいるのではないかと考えられています。ちなみにテネシーレックスは、アンダーコートとオーバーコートの中間に「オーンコート」(awn coat)と呼ばれる第3の層をもちます。
 テネシーレックスの性格は愛情深くて優しいことで知られています。

テネシーレックスのお手入れ・注意点

 テネシーレックスのお手入れは、週に1回程度のブラッシングで十分でしょう。

テネシーレックスの動画

 以下でご紹介するのはテネシーレックスの特徴を捉えた動画です。金色に輝く被毛を確認することができます。
元動画は⇒こちら