トップ猫の種類デザートリンクス

デザートリンクス

 猫の品種の1つ「デザートリンクス」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

デザートリンクスの基本情報

デザートリンクス 写真:YouTube
  • 原産
    アメリカ

  • 短毛・長毛
  • 体重
    4.5~8キロ
  • 公認
    REFR
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

デザートリンクスの歴史・ルーツ

 デザートリンクスは北米産小型オオヤマネコ(Lynx rufus)とイエネコのハイブリッドではないかと噂されている「デザートリンクス・グループ」に属する品種です。デザートリンクス・グループにはデザートリンクス、ハイランドリンクスモハーベボブ、そしてアルパインリンクスの4品種が所属しており、全品種に共通している部分は以下です。
 ヤマネコを彷彿とさせる筋肉質の体と前足よりもやや長い後ろ足。しっぽはヤマネコのように短かったり、マンクスのように全く無かったりまちまちで、手足の指間には房毛があり、多くの場合指は多指(ポリダクティル)です。被毛は短毛・長毛両方あり、大きい頭と真四角に近いマズル、大きく離れた目はブルー、グリーン、ゴールド、オッドアイなどのバリエーションがあります。一般的にメスよりオスの方が大きく、成熟するのに時間がかかります。
 なお、デザートリンクス・グループは被毛と耳の特徴により4種に分類されます。その分類体系は以下です。
  • アルパインリンクス被毛が白で直毛 or 巻毛+耳が直立 or カール
  • モハーベボブ被毛が白以外で巻毛
  • デザートリンクス被毛が白以外で直毛+耳は直立
  • ハイランドリンクス被毛が白以外で直毛+耳はカール
ハイランドリンクスの耳をカールさせる遺伝子、および巻き毛遺伝子は優性遺伝子です。

デザートリンクスの特徴・性格

 デザートリンクスの特徴は、多彩な被毛です。色はエボニー、ブルー、フォーン、チョコレート、ライラック、レッド、クリームなどがあり、パターンはソリッド(単色)のほかティックド、スポット、クラウデド、マックレル、タビーなど様々です。
 デザートリンクスの性格は、野性味あふれる外見とは裏腹に、飼い主に忠実で愛情深いことが知られています。また非常に外交的で、他のペットや猫、子供ともうまく共生できます。

デザートリンクスのお手入れ・注意点

 デザートリンクスのお手入れは、短毛種なら週1回、長毛種なら週2回程度のブラッシングをしてあげましょう。

デザートリンクスの動画

 以下でご紹介するのはデザートリンクスの動画です。非常によく似た2匹の猫が出てきますが、しっぽの無いほうがピクシーボブ、しっぽのあるほうがデザートリンクスです。
元動画は⇒こちら