トップ猫の種類ユークレイニアンレフコイ

ユークレイニアンレフコイ

 猫の品種の1つ「ユークレイニアンレフコイ」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

ユークレイニアンレフコイの基本情報

ユークレイニアンレフコイ 写真:Alena Ivanchuk
  • 原産
    ウクライナ

  • ウクライナ
  • 公認
    ICFA RUI, ICFA WCA
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

ユークレイニアンレフコイの歴史・ルーツ

 ユークレイニアンレフコイ(ウクラニアンレフコイ)は、ヘアレス(無毛)と折れ耳を特徴とするウクライナ産の新品種です。ウクライナのブリーダー、エレーナ・ビリウコワによって2000年ごろから繁殖計画が進められ、2004年1月に最初のユークレイニアンレフコイが誕生しました。作出前期ではメスのドンスコイとオスのスコティッシュフォールドが主に用いられています。ドンスコイから受け継いだ無毛遺伝子と、スコティッシュフォールドから受け継いだ折れ耳遺伝子により、両方の特徴を併せ持ったユニークな外見の猫が誕生しました。2005年にはウクライナ国内のICFA RUI、2010年にはロシアのICFA WCAで公認されましたが、2国以外ではまだまだ知名度が低く、公認も得られていない状態です。なお、品種名は、耳と同じようにやや折れ曲がった葉や花弁を持つカーネーションのロシア名に由来しています。

ユークレイニアンレフコイの特徴・性格

 ユークレイニアンレフコイの特徴は、前に折れ曲がった耳と無毛に近いボディです。耳は、上部三分の一から半分くらいが、頭にはつかない程度に前方に倒れこみます。ミディアムサイズの体は長く、筋肉質かつスレンダーで、被毛は無いかあってもわずかです。頭は上から見るとやや長めの五角形を描き、横顔は前頭部と鼻稜のなすラインが平行で、ちょうど階段のようなラインです。
 ユークレイニアンレフコイの性格は、非常に友好的で活発です。人といることが大好きで、他の猫やペットとも共生できます。

ユークレイニアンレフコイのお手入れ・注意点

 ユークレイニアンレフコイのお手入れは、皮脂を吸収する被毛が無いため汚れやすく、定期的な入浴が必要です。折れ耳を作る遺伝子は骨格系の病気と関連しているため、安易な繁殖は厳禁です。

ユークレイニアンレフコイの動画

 以下でご紹介するのはユークレイニアンレフコイの動画です。
元動画は⇒こちら