トップ猫の種類ミンスキン

ミンスキン

 猫の品種の1つ「ミンスキン」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

ミンスキンの基本情報

  • 原産
    アメリカ

  • ヘアレス~ミディアム
  • 体重
    2キロ
  • 公認
    TICA
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

ミンスキンの歴史・ルーツ

 ミンスキンは短い足とポイント(部分的に現れる地色と違う色)を特徴とする新しい品種です。1998年、アメリカ・マサチューセッツ州のボストンに暮らすポール・マクサーリー氏が作出を開始しました。
 足を短くするためにマンチカンが用いられ、被毛を薄くするためにスフィンクスが用いられています。その他デボンレックスバーミーズも交配に参加したようです。2000年7月に最初のミンスキンが誕生し、2005年の時点で50頭確認されています。
 公認団体はTICAで、品種名は短足を表すミニチュアの「MINI」と皮膚を表す「SKIN」の組み合わせにより命名されました。

ミンスキンの特徴・性格

 ミンスキンにはヘアレス(hairless)、ファーポインツ(fur points=ポイント部にだけ被毛)、フリーコーテド(fully coated=全身に被毛が生えている)の3タイプがあります。ポイントとは顔、耳、足、しっぽに現れる局所的な被毛です。フリーコーテドはまばらに体毛が生えておりカシミアの感触といわれます。被毛の色と模様に指定はありません。セミコビーの体に丸い頭、大きな耳なども大きな特徴です。被毛が薄いので温かい手触りです。
 ミンスキンの性格は、愛情深く、他の動物とも仲良く共生できます。ちょこちょこと動く姿はラジコンカーにもたとえられます。

ミンスキンのお手入れ・注意点

 ミンスキンのお手入れは、皮脂を吸収する被毛が少ないので、定期的な入浴が必要です。

ミンスキンの動画

 以下でご紹介するのはミンスキンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 後ろ足が前足よりやや長く、しっぽはときに体長に匹敵するくらい長くなります。
元動画は⇒こちら