トップ猫のしつけ方猫の爪とぎのしつけ

猫の爪とぎのしつけ

 猫にとっての爪とぎは、本能に刻印された行動プログラムと言っても過言ではありません。「いかにして爪とぎやめさせるか?」ではなく、「いかにして家を破壊しないように爪とぎをさせるか?」という観点が重要になります。

猫はなぜ爪とぎをするのか?

 猫にとって爪をとぐという行動は、生後5週齢頃から見られる本能的な行動です。猫が爪とぎをする理由としては、おおむね以下のようなものが挙げられます。
猫が爪を研ぐ理由
  • 古くなった爪の外層を取り除いている。
  • 爪で対象物に傷をつけ、肉球に存在する「臭腺」(しゅうせん)から発せられる自分の臭いをこすりつけることで、縄張りを主張している。
  • クマと同じように、爪で対象を傷つけてマーキングしている。
  • 自己顕示のためのパフォーマンス。野外の猫を観察したところ、他の猫が目の前にいるときの方が、爪とぎの頻度が高くなる(Bradshaw, 1992)。
  • 他の猫とのケンカに巻き込まれたときの為に、「武器」の整備をしている。
  • 大きな犬などの危険な外敵に出くわしたとき、あらかじめ爪をといであると木に登りやすい。
  • 背伸びを兼ねてストレッチしている。
  • ストレスを感じたときの転位行動。例えば、飼い主に構ってもらえない猫が腹立ち紛れにガリガリと壁を引っかくなど。
  • 飼い主の関心を求めている。
 このように、生まれつき持っている衝動のほか、後天的な学習によって形成された動機が、猫の爪とぎを促しているようです。
猫の爪の構造~角質化した外側と神経・血管からなる内側(クイック)  なお、猫の爪は内側と外側の二層構造になっており、内側のクイック(quick)と呼ばれる部分には神経と血管が通っています。猫が爪とぎをする最大の理由は、古くなった爪の最外層をはがし、常に新しい爪をむき出しにすることだと考えられます。
 猫が主として用いるのは前足なので、爪とぎをするのも前足だけです。はがれた最外層の爪は、通常三日月型をしていますが、普段爪とぎをしない後足の爪がポロリと落ちると、爪の形がそのまま残っていることもあります。 猫の足  猫にとっての爪とぎは、トイレに行くのと同じくらい生理的で当たり前のことですから、やめさせることは困難です。しかし猫に自由に爪とぎをさせてしまうと、部屋中がボロボロになりますし、また特に集合住宅においては、爪とぎの音が壁を通して騒音になりますので、望ましくありません。ですから猫の爪とぎのしつけが必要となります。
猫の爪とぎのしつけトップへ

猫が好きな爪とぎ場所は?

家の中のどこよりも、専用の爪とぎ場所が一番とぎやすいと、猫に思わせることがポイント。  猫に自由に爪とぎをさせると、部屋中がボロボロになり、また騒音の元になってしまいます。しかし爪とぎは猫の本能ですので、爪とぎ自体をやめさせることは出来ません。ということは必然的に猫が自由に爪をといでもよい場所を設けてあげることが必要となってきます。
 アメリカやカナダなど複数の国ならなる共同研究チームは2015年、インターネットを介した27項目のアンケート調査により、世界36ヶ国に暮らす猫の飼い主から爪とぎ行動に関する回答を集め、最も理想的と思われる爪とぎ像を確立しようと試みました(→詳細)。その結果、以下のような結果になったといいます。「猫全体」、「9歳未満の猫」、「10歳超の猫」の順で記載します。猫の好みを参考にして最も気に入ってくれそうな爪とぎを提示し、もしリアクションが悪いようだったら素材やタイプにマイナーチェンジを加えて微調整していくようにします。

理想の爪とぎ・猫全体

 猫全体で見た時、最も使用率が高い素材は「サイザル麻のロープ」、最も使用率が高いタイプは「2段以上の多層型キャットツリー」となりました。
猫が最も好む素材
  • ロープ=36.2%
  • カーペット=30.2%
  • 段ボール=22.4%
  • 木=3.9%
  • その他=7%
猫の爪とぎ用具に用いられる素材一覧~ロープ・カーペット・段ボール・木
猫が最も好むタイプ
  • キャットツリー2段以上=28.7%
  • アップライト型=26.8%
  • 水平置き型=20.6%
  • 斜め置き型=9.9%
  • その他=6.6%
  • キャットツリー1段型=4.9%
  • 吊り下げ型=2.4%
猫の爪とぎのタイプ~キャットツリー1段型と多層型 猫の爪とぎのタイプ~アップライト型と吊り下げ型 猫の爪とぎのタイプ~平置き型 猫の爪とぎのタイプ~斜め置き型  上記したような猫の好みに加え、毎日コツコツ「正の強化」を繰り返していれば、猫は飼い主が望む場所で爪とぎをしてくれるようになるようです。調査では、猫が適切な場所で爪とぎをしてくれたとき、何らかのご褒美を与えている飼い主のうち80.4%(2,366/2,942)は「1日最低1回、自分が望む場所で爪とぎをしてくれる」と回答したと言います。一方、何のご褒美も与えていない飼い主の場合、その割合は67.7%(201/297)にとどまったとも。これらのデータから考えると、猫が正しい場所で爪とぎをしてくれたタイミングで、撫でてあげるとかおやつをひとかけらあげるといった「正の強化」をしてあげると、不適切な場所での爪とぎが減ってくれる可能性が大いにあります。ちなみに不適切な爪とぎ行動に際して言葉で叱ったりといった「負の弱化」を行っても、行動頻度が減るということはなかったそうです。 猫のしつけの基本 猫の爪とぎ一覧

猫の理想の爪とぎ・9歳未満

 猫の年齢層を「9歳未満」に限定した時、最も使用率が高い素材は「サイザル麻のロープ」、最も使用率が高いタイプは「2段以上の多層型キャットツリー」となりました。
猫が最も好む素材
  • ロープ=32.5%
  • カーペット=25.1%
  • 段ボール=18.2%
猫が最も好むタイプ
  • キャットツリー2段以上=75.8%
  • アップライト型=69.0%
  • 水平置き型=49.5%
  • 斜め置き型=24.0%
  • その他=15.8%
  • 吊り下げ型=5.8%
 猫の好みをヒントにすると、9歳未満の猫に対しては2段以上の複数階構造を持った大きめのキャットツリーを用意するのがよいと思われます。とぎ面の素材はサイザル麻のロープがベストです。市販のキャットツリーには多くの場合麻ロープがすでに巻きつけてありますので、そのまま使えばよいでしょう。しばらく使っていると繊維がほぐれてざんばらになってきますので、ロープだけを新調して上から巻きつけるようにすれば再び魅力が復活します。猫の爪とぎ一覧 9歳未満の猫における理想の爪とぎ~多層型キャットツリーに麻ロープ

猫の理想の爪とぎ・10歳超

 猫の年齢層を「10歳超」に限定した時、最も使用率が高い素材は「カーペット」、最も使用率が高いタイプは「アップライト型」となりました。加齢に伴ってソフトな手触りや、足腰に負担のかかりにくい構造を好むようになるのかもしれません。
猫が最も好む素材
  • カーペット=24.7%
  • ロープ=22.9%
  • 段ボール=19.6%
猫が最も好むタイプ
  • アップライト型=21.9%
  • キャットツリー2段以上=18.8%
  • 水平置き型=16.9%
  • 斜め置き型=8.6%
  • その他=5.7%
  • 吊り下げ型=1.7%
 猫の好みをヒントにすると、10歳超のシニア猫に対しては、足腰に負担をかけないアップライト型、もしくは1段型のキャットツリーを用意するのがよいと思われます。既製品はほとんどの場合、麻のロープが巻きつけてありますので、ひとまずこれを使ってみましょう。もし猫が気に入らない場合はカーペット素材に置き換えます。適当な大きさに切った毛足が長めのカーペットをアップライト型の爪とぎに接着しましょう。ほつれた糸を猫が誤飲する危険性がありますので、カーペットの素材は丈夫なものを選んだほうが無難です。猫の爪とぎ一覧 10歳超の猫における理想の爪とぎ~1段型キャットツリーにカーペット  猫全体における吊り下げ型(壁密着型)爪とぎの使用率が2.4%と極めて低いことから考えると、カーペットをただ単にガムテープで壁に貼り付けても、あまり使ってくれないと考えられます。おそらく、野生環境において猫が爪とぎに使用する木の幹に全く似ていため、そもそも爪とぎとして認識しにくいのでしょう。
猫の爪とぎのしつけトップへ

猫の爪とぎをやめさせるには?

 本能である猫の爪とぎ自体をやめさせることは出来ないと先述しましたが、「爪とぎをしてほしくない場所での爪とぎをやめさせる」という必要性は、依然として残ります。では、ある特定の場所(じゅうたん、畳、カーテン、障子、家具、壁紙、柱など)での爪とぎをやめさせるにはどうすればよいのでしょうか?以下では代表的な方法を述べます。

すかさず爪とぎ器をあてがう

猫の爪とぎ予防は、猫が不適切な場所で爪を研ごうとした瞬間、用意していた爪とぎをあてがうこと。  猫が家の中でガリガリと爪とぎを始めたら、あらかじめ用意しておいた爪とぎ器をすかさず猫の爪の前にあてがったり、あらかじめ決めておいた爪とぎ場所に連れて行きます。「あっ!こっちの方がいいや!」と思ってくれたら成功です。「やっぱり柱の方が良いなぁ・・」と思われたら、今度は素材を変えてチャレンジしましょう。猫のお気に入りが分かるまでは試行錯誤です。
 なお、猫にとっての爪とぎは「自己報酬的行動」と言って、その行動自体がごほうびになるような気持ちのよいものです。適切な場所で爪とぎができたからと言って、飼い主が特別なごほうびを与える必要はありません。また、望ましくない場所で爪とぎをしても、怒ったり鼻ピンをしないで下さい。あくまでも猫が自主的に「こっちの方がいいや!」と、爪とぎを使ってくれる瞬間が来るまで待ちましょう。

爪とぎでカバーする

ソファーの縁などをカバーできるマット型爪とぎ  猫が柱などで爪とぎをしてしまう場合など、その柱自体に爪とぎを立てかけておけば、必然的にその爪とぎを使うようになります。触れてほしくない場所を爪とぎでカバーするという逆転の発想です。近年は商品も多様化しており、マット状に広がるものなどが市販されています。ポスト型の爪とぎを置きにくいソファーの縁などに敷いておくと便利でしょう。

障害物を置く

腰壁を設置して壁と猫の爪を物理的に遮断する方法もあります。  猫が家具で爪とぎをしてしまう場合など、家具の前にマガジンラックや観葉植物などの障害物を置いてしまえば、爪とぎを諦めるようになります。ちなみに観葉植物に関しては猫に危険な有毒植物を必ず読んだ上で設置して下さい。また壁などで爪とぎをしたがる場合は、壁を「腰壁」(つるつるの素材)にしてしまうという手もあります。

忌避剤を塗る

 市販されている「忌避剤」(きひざい=猫が嫌う臭いや味を塗りつけるもの)を、爪とぎをして欲しくない場所に塗布するという手もあります。また、粘着テープやガムテープを貼っておくと、猫が嫌がって近づかないようになりますが、万が一誤って体に張り付いても大事に至らない程度にとどめてください。最近では爪とぎ保護シートなど、透明のフィルムも市販されています。

フェロモンを塗る

猫のフェイシャルフェロモンを商品化した「フェリウェイ」  猫の顔から抽出されたフェイシャルフェロモンF3には、鎮静効果があるといわれています。「フェロモン」とは、動物をある特定の行動に促す微量物質のことです。爪とぎをしてほしくない場所に合成フェイシャルフェロモンをスプレーしたところ、28日後には、引っかく行動が96%減少したという報告もあるようです(出典:「猫の行動学」インターズー、P144)。
 なお、日本国内で市販されているフェイシャルフェロモンとしてはビルバックジャパンから発売されているフェリウェイがあります。

爪とぎを交換する

 専用の爪とぎ器がボロボロになっているのに放置しておくと、よりとぎ心地のよい場所を求めて家具や柱にたどり着くかもしれません。猫が浮気心を出さないよう、猫専用の爪とぎはこまめに交換して、最高の状態をキープするようにしましょう。

爪キャップをする

爪キャップは、爪切り後の猫の爪にかぶせるプラスチックカバー  「爪キャップ」とは、爪切りをした後、猫の爪に接着するプラスチック製のカバーのことです。月に1度程度の交換が必要なため、手を触ってもおとなしくしている猫に適しています。しかし、手をつかまれておとなしくできる猫なら、爪切りの方が簡便かもしれません。

定期的に猫の爪切りをする

 飼い猫が万が一望ましくない場所で爪とぎをしても、爪きりによって先端の鋭利な部分をあらかじめ除去しておけば、その被害を最小限に食い止めることが出来ます。 猫の爪切りの仕方
猫の爪とぎのしつけトップへ

猫の爪を除去する手術

 猫の爪とぎをやめさせるために、そもそも猫が爪とぎが出来ない体にしてしまおうという荒療治(あらりょうじ)が存在します。1つは爪切除術(つめせつじょじゅつ, 抜爪術=ばっそうじゅつ)で、もう1つは深趾屈筋腱切除術(しんしくっきんけんせつじょじゅつ)です。こうした「荒療治」を行う理由としては、以下の述べるようなものが挙げられます。
猫の爪を除去する理由
  • 大事な家具を傷つけて欲しくない
  • 赤ちゃんが生まれたので・・・
  • 攻撃性が強くて飼い主の生傷が絶えない
  • 保健所で殺処分にするよりはましだろう!
 猫の身体機能を奪う手術としては「去勢・避妊手術」がありますが、爪を使えなくする手術とどこが同じでどこが違うのかを、猫を飼っている方は一度考えてみる必要があるでしょう。
 なお猫の抜爪術をはじめ、犬の断尾、断耳などは、動物愛護の観点からヨーロッパの多くの国において禁止されています。一方日本においては「小動物医療の指針・第11項」にのっとり、最終的に担当獣医師と飼い主の判断に任されている、というのが現状です(→出典)。
小動物医療の指針・第11項
 飼育者の都合等で行われる断尾・断耳等の美容整形、あるいは声帯除去術、爪除去術は動物愛護・福祉の観点から好ましいことではない。したがって、獣医師が飼育者から断尾・断耳等の実施を求められた場合には、動物愛護・福祉上の問題を含め、その適否について飼育者と十分に協議し、安易に行わないことが望ましい。しかし、最終的にそれを実施するか否かは、飼育者と動物の置かれた立場を十分に勘案して判断しなければならない。

爪切除術(抜爪術)

爪切除術(抜爪術)は、爪の根元の骨を切断してしまう手術であり、ヨーロッパの多くの国では禁止されています。  爪切除術では、猫の指の第一関節から先を骨ごと切り落とします。術名からは「爪の部分だけを切除する手術」という印象を受けますが、実際は骨を切り落とす手術です。
 術中はもちろん全身麻酔をかけますが、麻酔が切れた後の痛みは想像に難くないでしょう。動物愛護の観点から手術を断る獣医さんもいますし、 スウェーデンを始めとする北欧諸国の多くでは手術自体を法律で禁止しているくらいです。
 切除の方法は、メスを用いるもの、ギロチン型の器具でガチャンと指先を切り落とすもの、レーザーで切り落とすものなどがありますが、指を切り落とすということ自体は変わりありませんし、手術法を変えることによって術後の痛みがなくなるわけではありません。より詳しくはこちらの記事もご参照ください。

深趾屈筋腱切除術

深趾屈筋腱切除術は、爪の出し入れをつかさどっている筋肉のケーブルを5ミリだけ切断してしまう手術であり、ヨーロッパの多くの国では禁止されています。  もう1つの深趾屈筋腱切除術(しんしくっきんけんせつじょじゅつ)とは、猫の爪を飛び出させるケーブルを切断する手術です。爪自体は残りますが、爪を飛び出させることが出来ないので、結果として爪が無い状態に近くなります。
 1998年にJankowskiが行った調査では、「腱切除術を受けた猫のうち、およそ半数はある程度爪を使うことができたものの、正常に爪とぎができた猫は1匹もいなかった」という結果が出ています。しかし、爪自体は伸び続けるため、定期的な爪切りは必要だとも。
猫の爪とぎのしつけトップへ