トップ猫の手入れとケア猫の爪切りの仕方

猫の爪切りの仕方

 猫の爪の構造、爪切りの手順、爪切りに必要な道具などについてまとめました。飼い主の体や家具を、猫の爪から守るため、猫の爪のケアについて学びましょう。

猫の爪切りの必要性

猫の爪は飼い主が定期的にチェックしてカットしてあげる必要があります。  放し飼いの猫にとって、爪は他の猫とケンカになった時の武器となります。また木に登るとき、爪の先端がとがっていないと足が引っかからず、転げ落ちてしまいうでしょう。さらにそもそも放し飼いの猫は、外を歩いているうちに爪の先端が磨り減ってある程度丸くなりますので、基本的に爪切りは必要ではないとされています。
 一方、室内飼いの猫は、出歩く機会が無いので爪が磨耗せず、爪が伸び放題になってしまいます。 その状態でいわゆる「爪とぎ」を行うと、家具や畳など、家の中の備品が傷だらけになってしまいますし、伸びた爪が肉球に食いこともありますので、飼い主は猫の爪を定期的にチェックして必要とあらば爪切りを行います。 また子猫は爪の出し入れが出来ません。その状態で兄弟姉妹とじゃれあっこをすると相手を傷つけてしまいます。こういう場合も飼い主による爪切りが必要でしょう。
猫の爪切りの仕方トップへ

猫の爪の基本構造

 猫の爪を切る際は、猫の爪の解剖学的な基本構造を理解しておく必要があります。やま勘でむやみやたらに爪をカットしてしまうと、猫に「深爪」(ふかづめ)を負わせてしまい、思わぬトラブルの元になりかねません。

猫の爪の内部構造

猫の爪の内部には、クイックと呼ばれる神経と血管の束があります。  猫の爪は内側と外側の二層構造になっており、内側のクイック(quick)と呼ばれる部分には神経と血管が通っています。猫が爪とぎをするのは、古くなった爪の最外層をはがすことで、常に新しい爪をむき出しにしておくためです。猫の爪は、鉛筆のキャップのように幾重にも重なった構造をしており、内側に新しい爪ができると、古くなった外側の層をはがす必要性が生じます。飼い主が爪切りでカットするのは、爪の外側の鋭利な先端のみで、内側(quick/クイック)は決して傷つけてはいけません。人間で言うと「深爪」した状態になり、大変な痛みが生じますし、出血した場合なかなか止まりません。 猫の足・爪

猫の爪が飛び出すメカニズム

 猫の爪が飛び出す構造は以下のようになっています。爪の下に付着した深趾屈筋腱(しんしくっきんけん)というケーブルが、深趾屈筋(しんしくっきん)という筋肉に引っ張られることで、ちょうど滑車のように爪が外に飛び出す構造です。
猫の爪の構造
猫の爪が飛び出すメカニズム~深趾屈筋腱と深趾屈筋が、まるで滑車のように連動することで爪が飛び出します。

猫の爪を指で出させる方法

猫の指先を上下から挟むように押すと、格納されている爪が自然に飛び出します。  猫の爪が飛び出す仕組みがわかれば、どうすれば人間の指で猫の爪を出させることが出来るのかもわかります。下図のように、爪の根元部分を上下から指で挟むように押せば、自然と爪が飛び出すというわけです。猫の爪きりをする際に必要な知識ですので、覚えておいてください。
猫の爪切りの仕方トップへ

猫の爪切りの手順

 さて、猫の爪の基本構造と爪の出し方が分かったところで、早速実践編へ移りましょう。 猫の爪切りに必要な物は以下です。
猫の爪切りに必要な道具
  • 猫用の爪切り
  • 爪やすり
  • 止血剤
  • 猫を安定できる場所
  • 掃除機や粘着テープ
猫に必要なお手入れグッズ 猫の爪を切るときは、神経と血管の通ったクイックを避け、先端だけをカットするように注意します。  やり方を簡単に説明します。まず、猫を安定した場所に寝かせ、前足をつかみます。爪を上下からはさむようにして押すと、自然に爪が外に飛び出します。飛び出した爪のうち、根元半分くらいは「クイック」と呼ばれ、神経と血管が通っています。クイックより外側のとがった部分を2mmほどカットするのが基本です。前足についている親指(dewclaw)も忘れずにチェックしましょう。これを切り忘れますと、伸びた爪の先端が肉球に食い込んでしまいます。
 前足が終わったら、後足も同様にカットします。カットした部分がささくれだってカーペットなどに引っかかる場合は、爪やすりをかけて滑らかにしましょう。誤って「クイック」を傷つけた場合は、市販の止血剤などで止血します。飛び散った爪の破片は掃除機や粘着テープで綺麗にしましょう。爪の先端はかなり鋭利ですので、踏んづけてしまわないよう注意します。
猫の爪囲炎  なお猫は爪に違和感がある時、自分の歯でガジガジと噛むことがあります。この爪噛み行為は正常の範囲内で、問題になることはほとんどありません。しかしまれに小さな傷口からバイ菌が入り、「爪囲炎」(そういえん)のような症状に発展することがありますので要注意です。予防法は、飼い主が定期的に爪をカットして違和感を抱かせないことと、爪の生え際が赤く腫れていないかどうかを日頃からよく観察しておくことです。
猫の爪切りの仕方
 以下でご紹介するのは猫の爪切りの仕方を解説したハウツー動画です。動画の下に翻訳文を載せましたのでご参照ください。 元動画は⇒こちら
 前から爪きりをしようとすると怖がる猫もいますので、なるべく後ろから行います。飼い主が側にいる安心感を感じさせながら爪きりを行うのが基本です。
 まず片手で前足を持ちます。足の上を優しく指で押すと、爪が「さや」から飛び出してくるのが分かるでしょう。
 次に「爪切り」を取り出します。猫専用のものがありますので、動物病院やペットグッズを扱うお店で手に入れてください。
 飛び出した猫の爪を見てください。ピンク色の部分が「クイック」です。根元から半分くらいの部分を占めています。そこから先の鋭利な部分が切るべき部分です。「クイック」を傷つけない限り、猫が痛がることはありません。
 先端の2mmくらいに狙いをつけ、カットします。先っぽが丸くなったのが分かるでしょう。
 同様にして全ての指の爪をカットしましょう。くれぐれもクイックを傷つけないようにして下さい。
 親指も忘れないで下さい。4本の指の上にあります。これを切り忘れますと、伸びた爪の先端が肉球に食い込んでしまいます。
猫の爪切りの仕方トップへ