トップ猫の手入れとケア猫の耳かきの仕方

猫の耳かきの仕方

 猫の耳かきの仕方について写真や動画付きでまとめました。耳の健康チェックをかねて定期的に掃除してあげるようにしましょう。

猫の耳かきの必要性

猫の耳の中を定期的にチェックし、汚れがたまっていないかどうか確認しましょう。  基本的に猫の耳はきれいですが、体質的に耳の脂分が多く、耳垢がたまりやすい猫もいます。余りにも放置すると外耳炎の原因にもなりかねませんので、肉眼で確認できるような汚れや耳垢がある場合は耳掃除が必要となるでしょう。
 耳掃除は10日に1回程度行うのが一つの目安です。また、解剖学的に スコティッシュフォールドの耳は通気性が悪く雑菌が繁殖しやすいので、飼い主は頻繁に耳のチェックを行うようにしましょう 猫の耳の病気
耳あかの抗菌作用
耳を過剰に掃除してしまうのは、実は逆効果  人間の耳の中を内視鏡で見てみると、耳垢が溜まっているのは入り口から1cm付近の細かい毛の部分だけで、そこから奥の鼓膜周辺には耳垢が一切ありません。そもそも耳あかの正体は、鼓膜の中心から新しく出来た耳の皮膚が、新陳代謝のために入り口へと移動して剥がれ落ちたものが、耳の入り口付近にある耳垢腺(じこうせん)と皮脂腺(ひしせん)の分泌物と混じったものと考えられています。ですから必然的に、耳あかが溜まるのは入り口から1cm程度の入り口近辺に限られるのです。
 さらに、黄色ブドウ球菌のいる培地の中心に耳あかを置いて24時間培養すると、耳あか周囲の菌が繁殖しなくなるというデータがありますが、これは、耳あかが含んでいる「リゾチーム」という抗菌力の高い物質が、菌の繁殖を妨げているためだと言われています。
 「耳あか」・「耳クソ」という言葉から「汚い!⇒掃除しよう!」と連想してしまいますが、耳あかの取りすぎは体に良くなく、耳掃除は1ヶ月に1度程度で充分と言う研究者もいるくらいです。なお、耳の奥を綿棒で掃除することは、「気持ちいい」ということ意外、医学的には何の意味もないそうです。
猫の耳かきの仕方トップへ

猫の耳の健康チェック

 以下でご紹介するのは、猫の耳によく見られる異常と、それに関連した疾患の対応一覧表です。もし猫の耳に以下で述べるような異常や変化が見られた場合は、念のため疾患の可能性を疑い、場合によっては獣医さんに診てもらいます。 猫の耳の病気
猫の耳の異常と病気
猫の耳かきの仕方トップへ

猫の耳垢のとり方

猫の耳の解剖学的な構造~途中で90度に折れ曲がっており、容易に鼓膜にはたどり着けない  猫の耳の中をのぞいてみて、余りにも汚れているようでしたら、小指にティッシュペーパーを巻きつけて、耳の入り口付近を軽く拭き取りましょう。 この時、動物病院などで販売されている、耳掃除用のクリーニングローションをティッシュに染み込ませておくと、角質溶解作用や殺菌作用もありスムーズに耳掃除できます。
 綿棒を用いて奥まで丁寧に耳掃除しようとすると、汚れを奥の方に押し込んでしまうこともあり、また猫が突然動き出したときに耳の中を傷つけてしまう恐れがありますので、入り口近辺だけにします。猫の耳の中は、途中で急に折れ曲がっています。奥を掃除しようとしてもなかなか難しいので、 入り口近辺より奥の領域に関しては、獣医さんに任せたほうが無難です。 猫の耳・聴覚
猫の耳かきの仕方
 以下でご紹介するのは猫の耳かきの仕方を解説したハウツー動画です。 元動画は⇒こちら
猫の耳かきの仕方トップへ