トップ猫のしつけ方猫の留守番のしつけ

猫の留守番のしつけ

 猫は犬ほどさびしがり屋ではないため、比較的留守番を苦にしない動物です。しかし放置するにも限度がありますので、猫が苦痛にならないように留守番させるコツを解説していきます。

猫も寂しいと感じる?

猫は待ち伏せ型で狩猟をする動物です。ですから何かをじっと待つという行為は、戌に比べればだいぶ得意と言えます。  猫は犬ほど社会性の高い動物ではありませんので、仲間や群れのリーダーがいなくても基本的には生きていけます。こうした生まれついての習性の結果として「孤独をそれほど苦痛に感じない」という傾向があることは事実です。
 しかし長いこと人間と同居し、エサを依存していたり遊び相手になってもらっていた猫の場合、仕事や旅行などで飼い主がいなくなると寂しいという感情を抱くこともあるでしょう。個体によって留守番の得意・不得意の差は当然あるでしょうが、 基本的に2日以内の留守だったら家で留守番をさせ、留守が3日以上に長期化するようだったら、その他の方法をとるということにします。
 飼い主がいない状況を猫が寂しいと感じるかどうかに関しては、スウェーデン農業科学大学のチームが面白い実験を行っています。調査チームはもっぱら室内飼いされている14頭の猫(メス9頭 | 6.2歳)と14人の飼い主(女性10名)を対象とし、留守番が猫の行動にどのような影響を及ぼすのかを検証しました。別離時間が長いほど猫の寂しさは募る  猫が普段暮らしている室内にカメラを設置し、「飼い主との別離時間30分」と「飼い主との別離時間4時間」というバリエーションを設け、あらかじめ決めておいた時間帯における行動を録画観察したところ、飼い主と4時間離れ離れだった時だけ、再会後5分間におけるストレッチとのどをゴロゴロ鳴らす行動が増えたそうです。
 こうした結果から調査チームは、長時間飼い主と離れ離れになった結果、社会的交流に対する欲求が高まったのではないかと推測しています。猫は基本的に孤独に強い動物ですが、やはり長い時間ほったらかしにされると寂しいと感じるのかもしれませんね。 猫は飼い主の外出時間が長くなるほど強く寂しさを感じる?
猫の分離不安  猫の中には、飼い主との結びつきが強く、分離不安(ぶんりふあん)の症状を示すものもいます。「分離不安」とは、飼い主が側にいないと寂しいと感じて不安になり、ニャーニャー鳴いたり破壊行動に走ってしまう病的な状態のことです。
 猫にこの分離不安の徴候がある場合は、日頃から少しずつ飼い主のいない状況に慣らすなど、事前の下準備がある程度必要です。詳しい解決策については以下のページもご参照ください。猫の分離不安
猫の留守番のしつけトップへ

留守番に必要なものごと

 家を空けるのが2日程度の場合は猫に留守番をさせます。その際必要になる物事は、おおよそ以下です。

ケージ

 猫に留守番してもらうときは基本的に部屋の中を自由に歩き回れるようにします。しかし「猫が怪我をしている」、「同居猫同士のケンカが絶えない」、「1歳未満のやんちゃ盛りで怪我をする恐れがある」といった場合においては、例外的に猫をケージに入れることも考慮します。ただしケージを使ってよいのはせいぜい数時間ですので、24時間(一泊)以上家を空けるような場合は別の方法を取らなければなりません。具体的には3日以上家を留守にするときは?をご参照ください。
 ケージを用いる際は寝床や餌場とトイレが分かれたものを用います。人間と同様、排泄物が近くにある場所では食欲や睡眠欲がわかないからです。またケージに取り付けるノズルタイプの給水器で水を与えるときは、事前に「ここに口をつけると水が出る」ということを猫に教えておかなければなりません。さもないと使い方がわからず、のどが渇いているのに延々と水を飲めないという可哀想な状況が続いてしまいます。

給餌器

 給餌器(きゅじき, フィーダー)とは、定刻になったら自動的にエサを出してくれる機械のことです。腐りやすいエサにはあまり使えませんが、保存の効くドライフードには使えます。 猫の給餌器一覧

給水器

 給水器(きゅうすいき)は文字通り猫の飲み水を提供する装置です。「大きな器に水を大量に入れておく」という方法も無くないですが、何かの拍子に器ごとひっくり返してしまうと、 以後は飲み水が無い状態で過ごさざるを得なくなります。ですから水がこぼれる心配の無い給水器を用いるか、あるいは複数個所に水飲み皿を設置するという工夫が必要です。 猫の給水器一覧

エアコン

 エアコンは、猫の体温管理に使用します。汗腺(汗を分泌する器官)を持たない猫は、どちらかといえば暑さに弱い動物です。特に夏場に留守にする際は、猫が熱中症にかからないよう、日光の入りやすい窓のカーテンは閉め、また除湿(ドライ)で28度くらいに設定しておきましょう。
 冬場は多少寒くても、毛布などを用意しておけば、勝手にその中に入って丸まりますので、寒さで凍え死ぬということは無いでしょう。電気カーペットなどの電化製品は、万が一猫がコードで感電した時に対処する人間がいないので、やはり毛布や電源を切ったコタツなど、電気を用いない防寒具の方が無難です。エアコンの暖房をつけっぱなしにする際は、猫が誤ってリモコンを触って「冷房」に切り替えてしまわないよう、手の届かない場所にしまっておきます。温度が高すぎると逆に熱中症になるかもしれませんので、設定温度は25~26℃程度でよいと思います。猫の体温調整 猫が熱中症にかかった

予備のトイレ

 予備のトイレは、普段使っているトイレが汚れてしまった場合に猫に使ってもらうトイレのことです。猫は汚れたトイレでは用を足さないので、普段トイレの管理をしている人間がいない場合は、臨時の予備トイレを設置する必要があります。1~2箇所、場所を離して設置しましょう。 猫のトイレ一覧

おもちゃ

 おもちゃは、猫が退屈しないようにお気に入りのものを部屋に出しておいてあげましょう。ただし誤飲事故を避けるため、小さいものや壊れやすいもの、および紐状のものは避けるよう注意します。猫のおもちゃ一覧

留守番カメラ

 留守番カメラとは、留守番中の部屋の様子を飼い主が外出先からでも確認できる機械のことです。ペット専用のものもありますが、防犯カメラや赤ちゃんの様子を見守るベビーモニターで代用することも可能です。赤外線がついており暗闇でも撮影が可能なもの、給餌器と一体になっているもの、飼い主の声を送れるものなど様々なタイプが出回っています。

飼い主の匂いがついたもの

 飼い主の匂いがついたものは、たとえ飼い主本人が目の前にいなくても、匂いを嗅ぐことで猫に安心感を与えることが出来ます。毛布やシャツなど、飼い主の体臭の染み付いたものを置いておくと、留守番の寂しさを紛らわせることが出来るでしょう。ちょうど子供にとっての「安全毛布」(security blanket)と同じものです。
猫の留守番のしつけトップへ

猫に留守番させるときの注意

 猫に留守番させる際、飼い主が気をつけなければならないことがいくつかあります。

戸締りをしっかりする

 戸締りとは、猫が窓から外に出てしまわないように鍵をしっかり閉めておくことです。うっかり外に飛び出してしまうと、交通事故に遭ったり、迷子になったりする危険性がありますので、出かける前に細かいところまで再度確認して下さい。

立入禁止エリアを守る

 家の中にはキッチン、お風呂場、寝室など、猫に入ってほしくない場所がいくつかあります。留守中に猫が侵入できないよう、こうした立入禁止エリアの戸締まりをあらかじめしっかりとやっておきます。具体的なチェック項目は以下のページをご参照ください。猫に立入禁止をしつける

倒壊事故を防ぐ

 倒壊事故とは、部屋の中にある背の高い棚などが倒れ込み猫を押しつぶしてしまう事故のことです。地震大国日本ではいつ大きな地震が来るかわかりません。本棚や食器棚などにあらかじめ突っ張り棒などを入れておけば倒れる心配もなくなるでしょう。また防災という観点から見ると留守番に関係なく重要です。

誤飲・誤食事故を防ぐ

 誤飲・誤食事故とは、部屋の中に落ちている小さなものや有害なものを猫が誤って飲み込んでしまうことです。非常に多くの物がありここでは書ききれませんので、詳細は以下にご紹介するページを参照して下さい。 猫の誤飲・誤食リスト 猫の毒になる食物 猫にとって危険な毒物 猫にとって危険な有毒植物

落下事故を防ぐ

 落下事故とは、猫が高い場所から転落することと言うよりはむしろ、高い場所に置いてあるものが猫の上に落下する事故のことです。猫が飛び乗りそうな場所には、重量のあるものやガラス製品などの危険物は置かないようにしましょう。またたとえ猫が登れなくても、地震などで棚の上から物が落ちてしまうということは大いにありえます。倒れやすいパネル型テレビなどはあらかじめ床の上に移したり耐震ゲルで補強しておいたほうが安心です。
猫の留守番のしつけトップへ

3日以上家を留守にするときは?

 2日程度の留守なら、猫に留守番をさせますが、留守期間が3日を越えるようなら、各種の工夫が必要です。具体的な方法は以下です。

知人・友人にエサ係を頼む

 知人や友人に頼んでエサ係をやってもらうという方法があります。一定の時間になるとエサ係がやってきて、猫のエサを補充してくるというやり方です。エサを補充するついでに、猫が怪我や病気をしていないか、あるいは室温に異常は無いかどうかなどをチェックしてもらえば安心です。気心の知れた仲なので、合鍵を渡すことに対する抵抗感が少なくて済むでしょう。

ペットシッターに依頼する

 ペットシッターとは、犬や猫を始めとするペットの世話を代行してくれるサービスのことです。ペットシッターに合鍵を渡し、定期的に留守番中の猫の世話を請け負ってもらいます。猫の場合は食事の世話、トイレの掃除と取替え、退屈しのぎの遊び相手、などが主なサービス内容となります。一匹・一回3,000円以内のところが多いようです。その他、ワクチン接種を受けていない猫は受け付けないなどの規則もありますので、ご利用の際は各会社の細目をご確認下さい。

猫を外出先に同伴する

 猫を外出先に同伴するというのは根本的な解決策のようですが、問題点もあります。「猫は家につく」といわれるように、猫は自分の住み慣れた環境に固執する傾向があります。見慣れない環境に連れて来られた場合、好奇心をそそられて目をらんらんと輝かせる猫よりも、不安を感じてニャーニャー鳴く猫のほうが圧倒的に多いことでしょう。やむなく猫を外出先に同伴する場合は、使用する交通手段(電車・バスなど)によって規則のある場合がほとんどですのでご確認下さい。

ペットホテルに預ける

 ペットホテルとは、ペットを専門的に宿泊させる施設のことで、ぺットブームに合わせて最近にわかに増えています。空港内に併設されているものもあり、ペットの様子をリアルタイムでモニターできるサービスや、シャンプーをしてくれるサービスなどもあります。ただし繁忙期(ゴールデンウィークやお盆など)になると、若干料金が割高になるところが多いようです。
 また、環境の変化を嫌う猫にとって、住み慣れた家を離れて得体の知れないケージの中で眠ることは、それ自体が相当なストレスになることもあります。他の犬や猫が同じ部屋の中にいることをストレスに感じる猫もいるでしょう。
 ペットホテルにおける猫のストレスを理解する際は、2006年にカナダのバンクーバーで行われた調査がヒントになるでしょう。この調査では、動物保護施設における猫の住環境とストレスとの関連性が調査されました(→出典)。その結果、猫が強いストレスを感じるのは、隠れ場所の無いような閉鎖空間において、人間が無規律にタッチすることであることが明らかになっています。
 調査対象となったのは、4つの異なる住環境に入れられた合計165匹の猫たちで、住環境の設定は以下。
保護施設における猫の住環境
無味乾燥なケージの中に1匹だけ入れられる「個別・単調型」と遊び道具やスペースがあり他の猫とも交流できる「共同・充実型」
  • 個別・単調型様々なスタッフによる無規律な触り方+無味乾燥なケージの中に1匹だけ入れられる
  • 個別・充実型一定のスタッフによる一貫性のある触り方+切り離されたケージ+高い場所と隠れ場所がある
  • 共同・単調一定のスタッフによる一貫性のある触り方+他の猫と一緒+充分な距離を置けるくらいの広さ
  • 共同・充実型一定のスタッフによる一貫性のある触り方+他の猫と一緒+遊び道具やスペースがあり他の猫とも交流できる
 上記したような住環境に置かれた猫たちの「ストレススコア」(CSS)を測ったところ、「個別・単調型」が最も高い値を示したといいます。つまり猫のストレスレベルには人の接触と住環境の両方が多大な影響を及ぼすということです。
 ペットホテルに預けられた猫も、大なり小なり「個別・単調型」のストレスを感じるものと考えられます。ですから、経済的に余裕があるからと言って、事あるごとに猫をホテルに預けてしまうのは、少し可哀相かもしれません。
猫の留守番のしつけトップへ