トップ猫の種類チートー

チートー

 猫の品種の1つ「チートー」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

チートーの基本情報

  • 原産
    アメリカ

  • 短毛
  • 体重
    6.5~10キロ
  • 公認
    UFO, TICA
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

チートーの歴史・ルーツ

 チートーは斑点模様(スポット)で有名なオシキャットベンガルのハイブリッドです。野生動物にしか見られないような類まれなワイルドさと、他のどの品種にも引けを取らない穏やかな性格を併せ持つ猫として作出されました。ハイブリッド猫を専門に繁殖させる「Wind Haven Exotics」という組織に属するキャロル・ドライモンによって2001年から繁殖計画が進められ、2003年に最初の子猫が生まれました。翌2004年11月にはUFO(United Feline Organization)で公認され、また「エクスペリメンタル・ブリード」(実験品種)としてTICAにも登録されています。

チートーの特徴・性格

 チートーの特徴は、非常に短くて密な、ヤマネコのような被毛です。スポット(斑点)はブラック、もしくはブラウンで地色はラスト(シエナ)、シルバー、シナモン、ゴールドなどが認められています。手触りはやわらかく、ベルベットのようだと形容されます。オシキャットや野生のヤマネコに見られる、肩を低くした忍び足も特徴の一つです。ライオンとトラの合いの子である「ライガー」が親よりも一回り大きくなるのと同様、チートーも品種の元となったオシキャットベンガルよりも体が一回り大きくなります。
 チートーの性格は、社交的で愛情深いことで知られています。特にオス猫は子猫や年若い猫に対しては父性を発揮し、決して攻撃性を見せないといわれています。

チートーのお手入れ・注意点

 チートーのお手入れは、被毛は非常に短いため、週1回程度のブラッシングで十分です。

チートーの動画

 以下でご紹介するのはチートーの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 映画俳優ショーン・コネリーが飼っていたことでも有名です。野生からは8世代離れているため、似ているのは外見だけで性格は完全な家庭猫と言えます。膝蓋骨(膝のお皿)が亜脱臼しやすいものがいるため、スキップするような奇妙な歩き方をしているときは獣医さんに見てもらいましょう
元動画は⇒こちら