トップ猫の種類サバンナ

サバンナ

 猫の品種の1つ「サバンナ」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

サバンナの基本情報

サバンナ 写真:AussieGold
  • 原産
    アメリカ

  • 短毛
  • 体重
    3~13キロ
  • 公認
    TICA
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

サバンナの歴史・ルーツ

 サバンナはアフリカに生息するネコ科動物の一種であるサーバルとイエネコの交配種です。1986年4月、ベンガルのブリーダーだったジュディ・フランクが、オスのサーバルとメスのシャムを交配させて誕生しました。アフリカのネコ科動物の一種サーバルこのサバンナ第一号は多くの人々の関心を引きましたが、その中で最も熱心だったのがパトリック・ケリーです。1989年、彼はサバンナの子猫を一匹譲り受け、品種確立のための奔走を開始します。その結果、1996年、協力者でありサーバルのブリーダーでもあったジョイス・スラウフと共にサバンナのスタンダードを作成し、2001年、TICAによる公認を獲得しました。
 サーバルとの交配に用いられるイエネコとしては、基本的にベンガルエジプシャンマウなど、野生を感じさせる斑点模様をもつものが好まれます。しかしオシキャットオリエンタルショートヘアーなども用いられるようです。近年はサバンナの個体数が十分増えたことから、数を増やすのに他品種は用いられず、もっぱらサバンナ同士が掛け合わされるようになってきています。

サバンナの特徴・性格

 サバンナは、第一世代のオスが最も大きく、9キロ以上にまで成長することもあります。しかしそれ以降の世代のボディサイズはまちまちで、小さいものは3キロ程度、大きいものは13キロと、非常に幅があります。また、同腹の中でも大きさはばらばらです。
 TICAのスタンダードによると、被毛はブラウンスポッテドタビー、シルバースポッテドタビー、ブラック、ブラックスモークのみが公認されています。体や足が長く、頭は面長で首も長いという特徴を持ち、目尻からは「チーターティア」(チーターの涙)と呼ばれる一筋の模様がヒゲに向かって伸びているのが理想とされます。卓越したジャンプ力を有し、ドアのてっぺんや冷蔵庫の上くらいなら一っ跳びで着地できます。その身体能力は、垂直とびで2.5メートルほどもあるそうです。
 サバンナの性格は、普通の猫よりも人懐こく、飼い主の後をついて回る姿は、時に犬にもたとえられます。非常に賢く、ドアの開け方を見よう見まねで学習したり、フェッチ(とってこい)を覚えたり、リードをつけて散歩させることもできるようです。猫には珍しく水を怖がらないことで知られ、シャワーを浴びさせている飼い主もいるといいます。威嚇するときの「hissing noise」(シャーという音)は、ヘビのような音だとか。

サバンナのお手入れ・注意点

 サバンナのお手入れは週に1回程度のブラッシングで十分ですが、体の表面積が通常の猫の2倍ある点はご注意ください。

サバンナの動画

 以下でご紹介するのはサバンナの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 米国内では野生動物とみなされ、飼育事体が禁止されている州が多数あります。逃げ出したサバンナが自然環境や生態系を破壊する危険性がある、というのが主な理由です。威嚇するときに出す音は「スネーク・キス」とも呼ばれているようです。
元動画は⇒こちら