トップ猫の種類セレンゲティ

セレンゲティ

 猫の品種の1つ「セレンゲティ」に関する基本情報です。この猫はいったい、いつどこで生まれたのでしょうか?歴史や特徴を写真や動画とともに見ていきましょう!

セレンゲティの基本情報

セレンゲティ 写真:Shandris
  • 原産
    アメリカ

  • 短毛
  • 体重
    3.6~6.8キロ
  • 公認
    TICA
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また猫を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 猫の購入・入手方法 猫を選ぶときの注意 ペットショップで猫を買う前に

セレンゲティの歴史・ルーツ

 セレンゲティは1994年、カリフォルニア州にある「Kingsmark Cattery」という猫舎を営むカレン・サウスマンが、野生の血統を用いずにサーバル(アフリカに生息するネコ科動物の一種)に似た猫を作り出そうとして生まれた品種です。 アフリカに生息する野生の猫「サーバルキャット」 元猫としてはベンガルオリエンタルショートヘアーが用いられています。同じくサーバルに似せて作り出されたサバンナが、作出過程でサーバルの血統を用いているのに対し、セレンゲティは純粋にイエネコの血統のみで生まれたという点が大きな違いです。
 1995年からは個人ブリーダーによる繁殖計画が進められ、現在はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、ヨーロッパなどで個体数を増やしています。TICAによる公認を受けていますが、今もなお発展途上にある品種です。ちなみに品種名は、数多くの野生生物が生息していることで知られるタンザニアの「セレンゲティ平原」に由来しています。

セレンゲティの特徴・性格

 セレンゲティの特徴は、長い足と非常に大きな耳です。耳の裏側には「アイスポット」とよばれる目玉のような模様が入ります。眼はゴールドやアンバーが多く、オスは4.5~6.8キロ、メスは3.6~5.4キロ程度に成長します。タビー、エボニーシルバー、エボニースモーク、ソリッドブラック、イエローやゴールドの地色に、黒のスポットがまばらに入り、サーバルのような外見をかもし出します。
 セレンゲティの性格は開放的で自信に満ち溢れ、友好的です。高い場所に上ったりおもちゃを追いかけたりすることが好きです。

セレンゲティのお手入れ・注意点

 セレンゲティのお手入れは、週に1回程度のブラッシングで十分でしょう。

セレンゲティの動画

 以下でご紹介するのはセレンゲティの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 足の長さは猫界で1、2を争うほどで、ジャンプ力は2メートルを超えます。きれいに直立した耳は、時に顔の長さにも匹敵します。健康面ではやや尿路結石を発症しやすい傾向にあります。
元動画は⇒こちら